Interview 2・EC

吉田 麻由子Mayuko Yoshida

EC本部 EC企画1部 運営管理ユニット
2014年キャリア入社/前職:総合広告代理店

売上に直結する「EC」で、体感できるダイナミズム。

商品が動き、顧客からの反応がダイレクトに分かる企業に。

前職では約10年、広告代理店に勤めていました。そこでは主に営業として、B to C企業を中心に、多いときには10社ものクライアントを担当していました。広告からPR、イベント制作など、総合広告代理店に分類される企業でしたし、また、社員数もあまり多くはなかったので、非常に多種多様な仕事を数多くこなしていましたね。ただ、代理店で働いている方がよく思うことなのかもしれませんが、やはり一度は事業会社を経験してみたい、という思いがあって、またそれが、ちょうどプライベートでの変化も重なり、最終的には転職を決意しました。代理店にいると、クライアントに対して提案したことが、事業においてどういった結果やインパクトをもたらしているかが、一部は可視化できても全貌は見えません。ですからメーカーなど商品が動く企業のマーケティング部門でそれを体感してみたい、と考えたんです。最終的にはメーカーではなく通販会社であるディノス・セシールに入ることになりました。商品が動くという点では、メーカーと変わらないですし、逆に直接消費者と接点があるので、非常にダイレクトで分かりやすいのではないか、と思い決めました。

思わぬところで生きた、広告代理店営業としての経験。

入社して配属されたのが、ディノス事業のマーケティング部門です。まさに私が前職で携わってきた逆側でして、事業会社側の立場で、TVCMや新聞・雑誌広告等による新規顧客顧得の担当となりました。どうやって予算化や社内調整を行い、最終結果がどう出るのかなど、代理店側では分からなかったことが全て見えましたね。特にTVCM業務は印象的で、出稿計画から実際の広告制作、最後のレポーティングまでと全てに関わったのですが、代理店交渉ひとつとっても、逆の立場にいた経験もあって、先方の言っていることが分かり過ぎるという感じでした(笑)。入社時にWeb広告を担当したいと希望していたのですが、ただその後、Webに関わることになったものの、広告ではなくまさに売上を生み出すWebそのものの運営業務で、EC本部という全社のEC戦略全体を担うセクションへと異動になりました。現在担当しているのは、ディノスオンラインショップのメルマガ、LINE配信や、サイト全体の運営管理、マーケティング部と連動したセールスプロモーション等企画のスケジューリングです。正直なところ、Web担当になったものの、全く専門的なことは知らず学びの連続で大変ではありました。ただ、代理店の営業という、スケジュール管理がまさに仕事のコアとも言える職種だったこともあって、その点では私が身につけてきたキャリアや経験が非常に活かせていると今は感じています。差配ひとつが売上に跳ね返ってくるのも分かりますし、とてもダイナミックで、ものすごくやりがいがありますね。

自分のキャリアにとって、新たな財産になると思える仕事。

ディノス・セシールは非常に働きやすい会社だという印象です。人間関係は良好ですし、特に女性が活躍しているので、同僚の女性を見てロールモデルが描きやすいですね。みんな生き生きとしていて、ワークライフバランス的に見ても、人生設計がとてもしやすい職場だと思います。そういった環境の中で、私自身としては仕事の面においても、今や日本の小売の最先端である、スピード感があふれる「EC」というビジネスに直接携わっているわけですから、自分自身のキャリアにとって新たな財産になることを日々積み重ねていきたいですね。